仁誠会トップページ ケアセンター赤とんぼブログ

ケアセンター赤とんぼブログ

2019/02/16

「長嶺校区ふれあい駅伝大会」に参加しました

ケアセンター赤とんぼの通所リハビリテーション科の利用者さんと職員で、今年も長嶺校区ふれあい駅伝大会に参加しました。
昨年は雪の舞う中、今年は雨が降る中での参加で、残念ながら天気にはなかなか恵まれないことが続いてます。とはいえ、世間ではインフルエンザが猛威を振るっている状況で、参加者のみなさんが元気に出場できて本当によかったです。

CIMG0568.JPG
IMG_8126.JPG
CIMG0594.JPG

IMG_8125_トリミング.jpg今回は、プロファンド(足こぎ車椅子)で昨年参加された利用者の稲森さんが、今年はなんと車いすを卒業されランニングで参加。また、稲森さんを間近で見てきて刺激を受けた利用者の秋山さんも、稲森さんが使っていた足こぎ車椅子で初めて参加をされました。そのため、今回は2チームでの出場となり、リハビリスタッフと通所スタッフ、職員の子供たちが、5kmの距離で見事にタスキをつなぎました。



CIMG0593_トリミング.jpg朝から小雨が降る天気に開催が心配されましたが、私たちが走る時は雨が奇跡的にやみ、神様が応援してくださっているようでした。みんなの応援もあり、練習のときより軽やかに走れた稲森さん。稲森さんも、「小学生や保護者、自治会の皆様の声援でゴールできました。自分の足でゴールできたことが、とてもうれしかったです」と喜ばれ、初めて参加された秋山さんも「練習の方がきつかった。今日は全くきつくなく、まだまだやれた。楽しく参加できて良かった」と手ごたえを感じていらっしゃいました。

新聞の朝刊に稲森さんの頑張りが取り上げられたこともあり、来年は出てみようかと話される利用者さんもいらっしゃって、駅伝の輪が広がっていることが嬉しく、同時に、今後ももっと自立支援・社会参加を促せるよう、利用者さん一人ひとりと向き合い、その方に合ったリハビリプログラムをしっかり立てられるよう頑張っていきたいと思いました。

IMG_8142_トリミング.jpg

怪我も無く、天気も味方してくれたおかげで、楽しく参加できたことが、本当に良かったです。
参加してくださった皆さん、長嶺校区の皆さんのご協力に感謝申し上げます。


武富美喜(理学療法士)

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 05:24

2019/01/22

通所リハビリテーション科で新春会を行いました

おみくじ、甘酒、七草粥。
鳥居と神主の演出で初詣気分を満喫!

1月7日、赤とんぼ1階通所リハビリテーション科で新春会を行いました。会場に出現した一日限りの巨大鳥居に、ご利用者は朝から興味津々のご様子!会の始まりを今か今かと楽しみにされていました。

IMG_2415_リサイズ.jpgまずは開催に先立ち、鏡餅やしめ縄、十二支など、お正月の風習をおさらい。「昔は車や自転車にも正月飾りを付けていました」と職員が話すと、会場からも「そうそう」「覚えてる」と旧き良き日本のお正月に思いを馳せ懐かしむ声が・・・。このように昔のことを思い出し語り合うことは心理療法の一つにもなっていて、精神状態を安定させる効果が期待できるのだそうです。

会も中盤を迎え、職員の一人が神主姿で登場すると会場は大いに盛り上がり、孫のような神主のお祓いに、「うれしかあ」「かわいらしか」と大喜び!「おみくじ」では、「私は猿よ」「私は羊」と、ご自身の十二支による性格分析や来年の抱負を読んで楽しまれていました。

IMG_2457_リサイズ.jpg

日頃はレクリエーションに参加されない利用者さんも、この日ばかりは参加されており、伝統行事を大切にされる年代であることを再認識するとともに、今後の活動に活かしたいと思いました。
おやつは甘酒と七草粥。和やかな雰囲気の中、笑顔あふれる楽しい会になりました。

IMG_0112_リサイズ.jpg

IMG_0117_リサイズ-200.jpg

IMG_2488_リサイズ.jpg 


村上(介護福祉士)・西嶋(看護師)

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 03:44

2019/01/15

赤とんぼ入所科「在宅強化型」へ向けた取り組み

平成30年度から、入所科3階では「自立支援のプロフェッショナルになろう」を目標に掲げ、さまざまな自立支援に向けた取り組みを行ってきました。

IMG_1275-1.jpgのサムネール画像例えば、「茶碗のフタをとる」、「ふりかけをかける」、出来る方は「ドライヤーをかける」という取り組みです。
また、テーブルごとに食事のお茶出し、氷水のポットをついで頂こうと、テーブルごとにポットの数を増やしました。
この取り組みにより利用者さんに水分をとることの意識が付き、脱水などの予防にもなります。
ポットをコップへ注ぐという動作も生活リハビリとなり、日常動作の維持・向上へと繋がっています。

IMG_1285-3.jpg
IMG_1268-4.jpg

IMG_1284-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像「自分の事は自分でせなんね」という声も聞かれ自立支援の意識も付いてきたように感じます。
最初は自分のコップにしか注がなかった利用者様も「注ぎましょうか?」などの声かけから会話も増え、笑顔へと繋がっています。
それまでは、食堂へ食事時間ギリギリに来られていた利用者さんも「私が注いでやらなん」と早く来られるようになり、他の利用者さんとの会話を楽しまれるようになりました。

このような自立支援の場面を作ることで、生活の中でのリハビリを増やし、利用者さんが笑顔で楽しく過ごせるようこれからも支援させて頂ければと思っています。


入所科3F 竹田津(介護福祉士)

 

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 03:11

2019/01/04

ケアセンター赤とんぼより 新年のご挨拶

IMG_2352.JPGあけましておめでとうございます。
昨年は、老健としての本来の役割「自立支援」を果たすべく奮闘した一年でした。また年間を通して地域の皆様をはじめ、たくさんの温かいご縁に恵まれた年でもありました。心より感謝申し上げます。
今年は平成最後の亥年です。
もともと「亥」という漢字には、「骨格」「骨組み」という意味があり、草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態を表しているそうです。
赤とんぼも開設18年を迎えようとしていますが、まだまだ成長半ばです。ぶれない骨組みを作り、職員全員がそれぞれの芽を出し、利用者さん・ご家族・地域にとって大きな力に成長できるように日々精進していく所存です。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


介護老人保健施設 ケアセンター赤とんぼ
施設長 兒玉幹子

 

IMG_2240.JPG IMG_2251.JPG IMG_2272.JPG

赤とんぼ通所リハビリテーション科の営業初日にあたる1月2日、兒玉施設長がご利用者お一人おひとりに、一年の邪気をはらうとともに延命長寿の意を込めお屠蘇を注ぎ、ご挨拶をさせていただきました。
入所科3階、4階では、いつも白衣姿の施設長の晴れ着姿に、至るところで「綺麗かねえ」「私も着よったぁ。懐かしかね」など感嘆の声が上がり、大変喜んでいただきました。

IMG_2307.JPG IMG_2338.JPG

今年もご利用者さんが、楽しく、元気に過ごしていけるように職員一同「心ひとつ」でケアに取り組んでまいります。今年もどうぞよろしくお願い致します。
IMG_2263.JPGケアセンター赤とんぼ 職員一同

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 01:15

2018/12/21

赤とんぼ恒例「水あかり」創りから

今年で赤とんぼの参加は3回目になりますが、今年の作成風景はいつもと少し違いました。
利用者さん同士でそれぞれ得意分野を発揮し、「絵を描く方」「字を書く方」「骨組を作る方」と自然にわかれ、「私が骨組を作るから、字はよろしくね」等、利用者さんがお互いに協力しながら作成する姿が見られました。
104歳の利用者さんは毎年作成されていますが、今年はナイストライの中学生や実習の大学生にもお手伝いしてもらい、世代を超えた心温まる作品が出来上がりました。

IMG_4650.jpg IMG_4657.jpg IMG_4667.jpg IMG_4698.jpg

また、ご入所中の方は実際の水あかり会場での展示を見たことがない方も多かった為、一足先に4階で点灯式を行いました。ろうそくの灯りに照らされる作品を見て、「綺麗ねえ」と皆さん見入っておられました。
また、少し離れた所からご自分の作品を見て「少し離れるともっと綺麗に見える。とてもいい作品が出来た!」と自画自賛される方も・・・
IMG_4728.jpg

皆さんの思いがこもった水あかりは赤とんぼ祭りで通所の利用者さんの作品と合同で展示を行いました。
一つ一つその人らしい水あかりが完成し、一緒に作っていた私たちも温かい気持ちになりました。
また来年が楽しみですね。


入所科4階 渡邉

 

Produced by Clinic CARECENTER| AM 11:13

2018/11/27

2019年「仁誠会カレンダー」贈呈式を行いました

2019年の「仁誠会カレンダー」贈呈式を、11月19日に赤とんぼで行いました。
長嶺校区老人会のDRSK(独居老人サポート協議会)の活動の一環として、平成20年から始めた「赤とんぼカレンダー」贈呈式も、田尻宗誠会長(前理事長)の意志を受け継ぎ、今年で12回目を迎えました。
IMG_1587.JPG

長嶺校区老人クラブ連会会長渡邉様より
「独居老人の方々への友愛訪問の時に手渡ししていきます。非常に喜ばれてカレンダーが届くのを毎年楽しみに待っておられます。今後ともよろしくお願いします」とお言葉をいただきました。

これからも地域に開かれた施設として、皆様のお役に立てていけることに感謝しながら続けていきたいと思います。


赤とんぼ地域支援部

 

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 01:17

2018/11/20

「赤とんぼボランティア交流会」を開催しました。

第17回目の『赤とんぼボランティア交流会』を開催し、ケアセンター赤とんぼ、赤とんぼ黒髪、赤とんぼ長嶺のボランティアの皆様100名のご参加をいただきました。今回も、ボランティアの皆様の日頃の活動を通し「交流」をテーマに開催させて頂きました。
毎年恒例1番人気のじゃんけんゲームで盛り上がり、交流会がスタート!
VT.JPG

VT11.JPG VT12.JPG VT13.JPG

活動披露では初参加のボッチャゲームの紹介で実際に体験したり、沖縄の三線演奏を皆さんで一緒に歌ったり踊ったり、賑やかな場面もありました。

VT14.JPG VT1.JPGのサムネール画像

IMG_1325.JPGご参加いただいた方の中には、開設当初から「ちぎり絵」の指導をされている97歳のボランティアさんもおられますが、
「続けることが自分自身の生きがいになっています」との声掛けを頂き、本当に嬉しく思いました。

まだまだ至らない事ばかりですが、皆様の笑顔を見る事が出来、少しでも日頃の感謝の気持ちをお伝え出来たのではないかとほっとしております。

これからも、ボランティアの皆様、地域の皆様に支えられながら赤とんぼを盛り上げて行けるよう職員一同取り組んでまいります。


赤とんぼボランティア担当 臼杵

 

Produced by Clinic CARECENTER| AM 11:44

2018/10/20

大盛況!赤とんぼ秋祭り開催

10月7日(日)、赤とんぼ秋祭りを開催しました。

IMG_0371.jpg

台風一過の晴れ渡る青空のもと、秋の涼しい風と金木犀のほのかな香りが漂う中、赤とんぼでは皆さんの笑顔いっぱいの暖かな雰囲気に包まれました。
今年は、仁誠会の成長戦略にあります原点回帰をキーワードに様々な催しを企画し、職員一丸となって秋祭りを開催する事が出来ました。

屋台では、地域の方々による手作り赤飯、無農薬野菜の販売、ピザの実演販売など様々な出展ブースが並び、見て・食べて・買って楽しむことが出来ました。

20181007-1.jpg

展示ブースにおいては、みんなでフラワーアート、スタンプラリー、ご利用者様の作品展示と追加企画で今年は職員の趣味の作品展示も行いました。鑑賞し体感できる展示ブースとなりました。

20181007-2.jpg

舞台では、長嶺小学校の音楽部による歌や赤とんぼ合唱隊、県立大学コーラス部と歌を中心とした催しやマジックショーに驚き、毎年恒例の職員による太鼓演奏、そして今年は赤とんぼ音頭の復活!
皆様の笑顔が絶えない舞台内容となりました。ご協力いただきました皆様ありがとうございます。

20181007-3.jpg

20181007-4.jpg

今年の赤とんぼ秋祭りのテーマは「来てみてびっくり!はい!ひょっこり赤とんぼ秋まつり!」というテーマで行われました。ご来場いただいたみなさんが楽しみ、感動し、笑顔あふれる祭りになったかと思っております。
ご利用者様、ご家族の皆様、ご来場いただいた方やボランティアの皆様、地域の皆様、に支えられた秋祭り、今年も大成功!でした。

皆様ご協力、本当にありがとうございました。
IMG_9241.JPG


 赤とんぼ秋祭り実行委員長 岩下秀幸

Produced by Clinic CARECENTER| PM 04:17

2018/09/25

赤とんぼ『敬老祝賀会』を開催しました。

赤とんぼ通所科、入所科で、「敬老祝賀会」を開催しました。

通所リハビリテーション科では施設長の挨拶の後、大衆演劇の「風人さん」による舞台、キッズチアチームによる元気なチア演技と、華やかに祝賀会が始まりました。
最初に登場の「風人さん」。とても美男子中学生!!踊りも美しく、女性利用者の目もキラキラで盛り上がりました。「美しか?!!」「まだ中学生な!?」など利用者さんはビックリな様子で黄色い声援まで上がり、皆さん若返ったようでした。
通所.JPG

t2.JPGキッズチアはノリノリ・キレキレのダンスで利用者も職員も時間を忘れ一緒になって盛り上がりました。子供達のパワーを沢山吸収できたようです!
日頃はベッド臥床している時間が多い利用者さんも、今日は一日中休まれる事もなく日頃より表情豊かに反応も大きく、いつもより楽しまれたようで「よかった?楽しかった!!」などと、お声をいただけました。
表彰式は、傘寿1人・米寿5人・卒寿6人です。一人一人お声を掛けながらの表彰式。傘寿のYさんも、いつもはベッドで休む時間が多いですが、表彰式までに入浴を済ませ、ベッドで休むこともなく通所責任者からの表彰に「ありがとう」と元気に賞状を受け取られました。

 

32.JPG3階入所科では節目のお祝いの方10名を表彰させていただきました。
半寿3名、米寿2名、卒寿2名、白寿1名、百寿1名、最高齢101歳の方々です。表彰させていただいたある利用者さんが、「元気の秘訣は皆さんのお陰です。」とおっしゃられました。人との関わり、つながりがあること。そして、もちつもたれつの関係であることが元気につながると改めて教えていただきました。
そういう一場面が当日もありました。フラダンスをボランティアの方に披露していただき、皆で楽しみ敬老の日をお祝いしました。ダンスのお披露目の後、利用者さんが手作りのペン立てをお返しとしてプレゼントされました。こういうもちつもたれつの関係がお互いを元気にし、生きる活力になるだと思います。介護士としてひとつでも多くこのような関係性、場面を作れる支援ができていけたらと思います。
3F.JPG

 

4階入所科では米寿・卒寿・上寿の10名のご利用者を代表に表彰させていただきました。
表彰された方の中には、「もう90ね?私はまだ80よ!(笑)」とダジャレも飛び交うなど、元気な方がいらっしゃいました。敬老会には普段食事以外は居室で過ごされている方も、今回は表彰されるという事で、職員に上着を選んでもらったり身だしなみを整えたりと、おめかしして参加してくれました。
411.JPG表彰の他にも、ボランティアの先生のフラダンスの披露もあり、利用者さんからは「上手!上手!がんばれ!」と掛け声をかけ、ダンスに見入っておられました。最後に担当職員からご利用者全員にメッセージ付き色紙をプレゼントし、「これはだれが書いてくれたの?ありがとう」と涙ぐまれる方もいました。表彰からダンスにと、喜んでいただき良かったです。敬老という大切な日を皆さんと一緒にお祝いできたことをとても嬉しく思います。

414.jpg 4242.JPG 4343.JPG

 

これからも利用者さんが元気に過ごせるよう私たちも一生懸命お手伝いしていきたいと思います。
利用者の皆様、敬老の日おめでとうございました。


通所リハビリテーション科:末次  入所科3階:大川  入所科4階:中本

 

 

 

 

Produced by Clinic CARECENTER| PM 02:53

2018/08/24

「来てみてびっくり!」 赤とんぼ秋祭りの開催のお知らせ

「赤とんぼ秋祭り」、10月7日にケアセンター赤とんぼにて開催します!
赤とんぼ最大の大イベント!
テーマは「来てみてびっくり! はい! ひょっこり赤とんぼ秋祭り!」
利用者さん、ご家族、職員、そして地域の皆様と一緒になって作る「赤とんぼ秋祭り」、当時に向けて準備が始まりました。ひょっこり現れるのはなんでしょう?内容が決まりましたらまたお知らせしていきます。どうぞお楽しみに!

akimaturi  HP1.JPG

Produced by Clinic CARECENTER| AM 11:37

資料請求・お問い合わせはこちら