仁誠会トップページ 仁誠会クリニック黒髪ブログ

仁誠会クリニック黒髪

2017/11/04

未来へ輝け!臨床工学技士の実習生

仁誠会では、社会貢献のため実習生の受け入れを行っています。今年も仁誠会クリニック黒髪に、熊本総合医療リハビリテーション学院から2人目の学生が実習に来られました。実習生に実習での体験、感想などコメントをいただきました。



☆実習生からの一言☆

IMG_0136.JPG9月25日から4週間の実習を仁誠会クリニック黒髪でお世話になりました。
私はこの実習で“数をこなして体で覚える”をスローガンに掲げ、この実習に臨みました。まず、この実習の中で一番大切にしてきた事は、“挨拶をしっかり行う”事でした。
挨拶をする何て当たり前の事だと思いますが、私は人とのコミュニケーションの入り口は挨拶をする事だと思い、朝早く来て、スタッフだけではなく患者さん全員に挨拶をする事を心掛けました。おかげで患者さんからは名前は覚えてもらわなくても顔は覚えて頂いたと思っております。
実習で学んだ事は、透析前業務を始め、穿刺介助や抜針などの手技や徐水計算や透析中点検などを学び、他にも透析液を生成する水処理装置の点検方法などを教えて頂きました。透析室では、技術的な面だけではなく、患者さんの症状に対する考え方や対応・気遣いなどのマナーもこの4週間、たくさんご指導をして頂きました。

IMG_0147.JPGスタッフの方々も大変親切で、患者さんの事を一番に考え、スタッフ一丸になって、少しでもクリニックの医療を良い方向へ導く姿勢がひしひしと感じられて、私はここで実習を受けられて本当に良かったと思います。
ここでの4週間で学んできた事を糧に、立派な臨床工学技士になりたいと改めて思いました。本当にお世話になりました。


熊本総合医療リハビリテーション学院 
臨床工学学科 実習生



☆先輩からの一言☆

今回の学生さんは、自身でも目標としていたように、挨拶がとてもよかったです!
朝から挨拶できていない患者さんを見かけては、自分から声をかけに行っていました。
業務の面でも自分なりに理解しようと頑張っていたように思います。
実際仕事に就いたときには、これらを生かし患者さんにもスタッフにも愛され、更に技術や知識を身につけ信頼される臨床工学技士になってくれることを期待したいと思います。

技士部/島崎

Produced by Clinic KUROKAMI | AM 09:30

資料請求・お問い合わせはこちら