仁誠会トップページ 仁誠会クリニックながみねブログ

仁誠会クリニックながみね

2017/11/07

ながみね初の★歌いましょう会★開催

仁誠会クリニックながみねでは10/21(土)にDT企画として「歌いましょう会」を開催しました。
テラスで外の空気に触れて秋の訪れを楽しむ予定でしたが、当日はあいにくの雨模様。
急遽デイルームでの開催へと変更し、模様替えに大わらわです。

R0015469.JPGのサムネール画像秋の植物の展示も行いました。
「何の植物かわかりますか?」の問いかけに皆さん手に取って、「これはむかご、ご飯に入れて炊くと美味しかよ」「庭に植えていたから木に登ってちぎりよった。おやつに食べよったたい」など子供の頃の思い出話に花が咲きました。
みかんは皮をむいて香りと味も楽しみました。甘酸っぱい味わいに手が止まりません。

あけび.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 五.jpgのサムネール画像

          写真:むかご、あけび、どんぐり

それではいよいよ歌の時間です。
今回は誰もが知っている童謡の中から秋にちなんだ曲を選曲しました。
「もみじ」「村祭り」「里の秋」など皆さん馴染のある曲です。
最初は声が出ないからと乗り気でなかった方も、周りの歌声につられて自然と口ずさんだり、感動して涙を流される方もおられました。

三.pngのサムネール画像のサムネール画像 四.jpgのサムネール画像のサムネール画像

あっという間に楽しい時間は過ぎ、最後の曲「見あげてごらん夜の星を」では患者さん・職員一体となっての大合唱となりました。

その後はお楽しみのティータイム
好きなお菓子と飲み物をチョイスして、ちょっとしたカフェ気分を味わって頂きました。

六.JPG 七.JPGのサムネール画像

歌を歌うと体にとってプラスの効果があります。
・呼吸が深くなることで体がリラックスした状態に
・体内に空気がたくさん取り込まれ、血流が良くなる
・精神を安定させ、血圧を正常化する働きがある

大切なのは「楽しんで歌うこと」
思い出の曲や懐かしい曲を歌うことが、脳の活性化に役立ち、認知症予防に更なる効果があるそうです。
初めての「歌いましょう会」でしたが、患者さんの生き生きとした笑顔を見ることがき、私達職員も感じるものがたくさんありました。皆さんの「楽しかった、またやりたい」の反響も大きかったので、また開催したいと思います。 

栄養科 赤塚 薫

 

Produced by Clinic NAGAMINE | PM 12:46

資料請求・お問い合わせはこちら