仁誠会トップページ 介護サービス デイケア(通所リハビリテーション)

介護サービス

デイケア(通所リハビリテーション)

「楽しみ」は生きる力

リハビリテーションと共に「楽しみ」というキーワードを大切にしています。
楽しみを持つことはリハビリの目標にもつながり、生きる力となっていきます。

お一人ひとりの目標に合った『自立支援』を応援します。

骨折などが原因で、できていたことが一時できなくなった経験がある方は、「立てた」「歩けた」など回復の喜びを味わったことがおありでしょう。しかし、今できていることは当たり前すぎて、喜びを実感することはありません。
今持っている能力を活かすことが喜びとなるような『自立支援』を目指しています。

  • 歩行スペースを充実させることで、歩行器や車椅子で自分の行きたいところに行ける
  • 楽しみと実生活が繋がるような料理教室
  • 自分のことが出来るようになったら、あの人の分までお手伝いしたい気持ちが生まれる

そんな小さな一歩が自信につながっていくことを応援します。

医療依存度が高い方にも、
認知症の方にもその人らしい生活を支援します。

看護師が常駐するため、吸引や褥瘡の処置、嚥下食の方の食事介助や、経管栄養など医療面のサポートも行っています。また、異常時はご家族、ケアマネージャーとの連携により、速やかな対応をおこなっています。

  • 重度者用のトイレ・入浴設備を備え、専門スタッフがサポートします。
  • 緊急の場合は、併設クリニックや医療協力機関との連携により、適切に対処します。

すべての利用者さんに「好きなことアセスメントシート」を作成し、個別の楽しみやグループでの楽しみをもてるよう、スタッフ全員で、認知症や医療についての勉強会を定期的に行い、スキルアップに努めています。

赤とんぼのリハビリテーション詳しく見る

ご利用者の「~したい」という気持ちをサポート

「膝に痛みがあるので運動できない」という方。そのような方のためにリハビリのプロである理学療法士がいます。理学療法士は、痛みの原因を追究してその状態にあった処置・痛みの出ない運動を指導いたします。

赤とんぼのオリジナルプログラムで集中トレーニング!

赤とんぼリハビリテーション科の特徴は、運動指導を専門とした運動指導員が常駐していることです。運動指導員は「健康運動指導士」などの資格を有しており、理学療法士からの指示のもとご利用者の身体状況に応じた運動を指導いたします。

楽しむことが一番の生きがい作り

楽しみを持つことは、全ての年代において生活を豊かに意義あるものにします。集団での活動は勿論、個人での楽しみも、人と繋がりコミュニケーションが生まれ趣味活動ばかりでない充実したものとなります。赤とんぼでは、ボランティアさんによる趣味の講座に加え、ダイバージョナルセラピー(老いることは楽しむことという考え方)と、リハビリテーションの要素を活かした企画を行なっています。

もうひとつの楽しみの食事

安心安全な食事の提供を基本に、季節ごとの行事や旬の食材を使用するなど、「楽しい美味しい食事づくり」に力を入れています。その日の体調や嚥下状態なども考慮して対応を行っております。七夕・敬老会・節分・ひな祭りなどの行事食、特に4月16日の開設記念日には、旬の食材や野菜の飾り切りなど、和食技術の粋をこらした御膳に、感嘆のお声をいただいています。おやつは挽きたてコーヒーの香りと共に、手作りケーキを提供しています。
夏はそうめん流し、秋は焼き芋、冬は鍋と食事を楽しんでいただいています。

介護サービスのご案内

資料請求・お問い合わせはこちら