仁誠会トップページ 介護サービス 赤とんぼの楽しみ

介護サービス

赤とんぼの楽しみ

楽しみを持つことは、全ての世代において生活を豊かにします。グループは勿論、個人の楽しみでも、人と繋がり、コミュニケーションが生まれ、趣味活動ばかりでない充実したものとなります。赤とんぼでは、ボランティアさんによる趣味の講座に加え、ダイバージョナルセラピーとリハビリテーションの要素を活かした企画を行なっています。

趣味の講座全国でもトップクラスの講座数!
楽しさを通じて、自分らしく生きる

赤とんぼの趣味の講座は、地域のボランティア講師(登録数約200名)により開催されています。現在、定期講座で約50数種、月に約70の講座が開催されており、その数は全国でもトップクラスです。講師の指導のもと利用者さんは、ご自分の好きな講座に楽しく参加されています。

趣味の講座では、合唱・演奏・踊り等、たくさんの講座が開催されています。気のあった仲間と楽しい会話を交わしながら、手を動かしたり、脚踏みをしたり、時には大声を出して腹の底から笑ったり・・・講座を楽しみながら、自然と手や足・口腔のリハビリにもなります。

ダイバージョナルセラピー「老いることは楽しむこと 耐えることではない」
“楽しい!”のパワーを活かして、自分らしく輝くこと

キーワードは「レジャー」「チョイス」「ライフスタイル」「コミュニケーション」。私たちは“楽しみ”こそが人生を豊かにし、生き甲斐を感じさせ、前向きに生活していく力の源になると考えて、ダイバージョナルセラピー(オーストラリアの療法のひとつ)の基本にそってケアを提供しています。
ダイバージョナルセラピーを取り入れている介護施設は、熊本県下では赤とんぼだけです。

楽しみには個性があり、また多種多様です。「好きなことアセスメントシート」(好きなこと調査)を活用し、ライフスタイルや生活歴を知ることで、個別の楽しさと"Good Feeling"を探し、趣味活動へのご案内やイベントの企画を行なっています。

『ダイバージョナルセラピー』とは

「ダイバージョナルセラピー」とは、ライフスタイルや生活歴のアセスメント(調査)のもと、楽しさと"Good Feeling"を探し、一人ひとりのライフスタイルに合ったプログラムと環境を創出するホリスティックケア(全人ケア)です。オーストラリアで始められたレジャー&ライフスタイルの総合的なケアの実践であり、思想であるといえます。「ダイバージョン/Diversion」は直訳すると「気分転換・気晴らし・道をそれる」となり「工事中の迂回路」という意味も含まれます。

資料請求・お問い合わせはこちら