仁誠会トップページ 介護サービス 赤とんぼのリハビリテーション

介護サービス

赤とんぼのリハビリテーション

長く在宅生活を送っていただくために理学療法士、作業療法士の専門リハビリスタッフが、利用者さんの身体状況・生活状況に応じて、利用者さんのやりたいこと・目標を実現する為に必要なリハビリを考え、実施致します。

デイケア通所リハビリテーション

赤とんぼ・赤とんぼ黒髪のデイケアでは
「自立支援」に取り組んでいます。

赤とんぼリハビリテーション科は、利用者さんの「~したい」という気持ちをサポートしていきます。例えば、「自宅で洗濯物を干したいけど腰が痛いから出来ない」、「もっと楽に歩ければ買い物に行けるのに」、「自宅での身の周りのことは自分でしたい」など、その方の身体状況・生活状況を見極め、その方に合ったリハビリプログラムを実施していきます。

「膝に痛みがあるので運動ができない」という方。そんな方のために理学療法士は、痛みの原因を追究してその状態に合った処置・痛みの出ない運動を指導いたします。「最近箸がうまく使えない」など指先の動きが悪く日常生活に不安を感じている方。作業療法士は、指を動かす、食事をする、着替えるなど日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。
利用者さんの「日常生活活動」が自立に近づけるような治療や援助を行うことで、仕事・趣味・遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」のリハビリを支援していきます。

  • 巧緻訓練
  • 歩行訓練
  • トイレ着脱
  • 赤とんぼ黒髪通所リハビリテーション

活動的に「自主管理」をテーマに

利用者さんの自立支援のサポートの一環として、「活動的に過ごしていただきたい」、「活動量を自主管理していただきたい」を目的として赤とんぼの広いスペースを目一杯に活かした歩行スペースを設けています。歩行スペース(コース)を設けたことで、自主的に歩行訓練に活用される方が増えています。さらに、歩行スペースを多くの利用者さんに活用していただくために、「ポールウォーキング教室」や「赤とんぼ歩行カード」で自主的に目標設定ができるように様々な取り組みも行っています。

  • 歩行訓練
  • ポールウオーキング

チームケアの充実⇒在宅生活を全力で応援

デイケアには医学的管理、リハビリテーションというデイサービスにない特有の機能があります。さらに様々な専門職が在籍することも特徴の一つにあげられます。赤とんぼでは、それぞれの専門職が一人の利用者さんのケアに対して専門的視点から意見を出し合い集約して、一人ひとりに合った最適なケアが提供できるように、一つのチームとして取り組む「チームケア」を展開しています(リハビリテーションマネージメントⅡ加算対象者)。この取り組みにより在宅生活の目的・目標を具体化でき、リハビリテーションの充実が図れます。これからも長く在宅生活を送っていただけるように全力で応援いたします。

担当者会議

運動指導集団訓練

赤とんぼのオリジナルプログラムで集中トレーニング!

赤とんぼリハビリテーション科の特徴は、運動指導を専門とした運動指導員が常駐していることです。運動指導員は「健康運動指導士」などの資格を有しており、理学療法士からの指示のもと利用者さんの身体状況に応じた運動を指導いたします。そのため、細部に至る点まで丁寧に、正しい運動指導が実践できるのです。
赤とんぼでは利用者さんに「楽しく」、「明るく」運動に取り組んで頂けるように、馴染みのある音楽に乗せた利用者さん参加型の体操を毎朝元気に実施しています。さらに、赤とんぼオリジナルプログラムとして、生活に必要な機能(有酸素・筋力・脳活性)を集中的にトレーニングするプログラムを少人数制で行っています。
これらの体操は、理学療法士・作業療法士の監修によるプログラムで運動指導員が指導いたします。内容は、運動学・運動生理学・脳科学に基づいたプログラムの構成となっています。

  • 運動指導

訪問指導

ご自宅で安心して暮らしていただけるための訓練

利用者さんがご自宅で安心して暮らしていただけることを第一に考えています。そのために、利用者さんのご自宅に伺い、困っている実際の動作や環境を確認することがあります。それをもとに住宅改修の提案を行い、適している福祉用具を選定します。さらに、その情報を赤とんぼに持ち帰り、その動作に必要な筋力・関節の可動域などの基礎訓練や、実際の環境に近いスペースを赤とんぼのリハビリテーションスペースに作り、動作訓練を理学療法士・作業療法士・運動指導員とともに行っていきます。

生活指導

入所リハビリテーション

チーム一丸で「生活期リハビリテーション」
「在宅復帰」への取り組み

歩行指導

利用者さんのしたい事・してみたい事を、会話の中でお聞きし、生活場面での表情や動きを観察して、本人様の思いに寄り添えるように、リハビリの目標をたてて、支援していきます。介護老人保健施設のリハビリテーションは生活重視のリハビリで「生活期リハビリテーション」とも呼ばれます。何気なく、日頃行っている、布団からの起き上がり・トイレに行って、食事して、歯磨きして、お風呂に入って・・・こうした生活のすべての活動自体が、繰り返されることでリハビリとなるのです。

リハビリでは起立訓練出来るのに、トイレや入浴時は立てない。もちろん、環境面も違ったり、介助される方の方法も違うと利用者さんにとっては、戸惑われることから、立てなくなったりされることも十分考えられます。そのために、老健ではチーム一丸になって環境整備や介助法の統一に取り組んでいきます。また、それに楽しみを足して、レクレーションや物づくりを通して、知恵を学んだり、歌ったり、話して笑ったり・・・それも、人として最も大切なリハビリです。多少不自由さはあっても、生活を楽しめるように、生活リハを中心に、必要なところは身体機能訓練も同時に行っていきます。このようなことを通じ、不安なく元気に家に帰り、自分らしい生活を送っていけるように取り組んでいます。

  • 芋掘り
  • 料理
  • 裁縫
  • お買い物
  • 菜園
資料請求・お問い合わせはこちら