仁誠会トップページ お知らせ

仁誠会からのお知らせ

熊本臨床工学会・日本臨床工学会 の発表を終えて

内科・透析 2017/06/06

tomita1.JPG4月15.16日で開催された熊本臨床工学会にて、「過酢酸洗浄の残留薬液におけるリバウンド現象の検討」と題して演題発表をさせて頂きました。仁誠会に入職して2年目、学会発表も初めてでしたが、「新人奨励賞」を頂くことができ、とてもありがたく思っています。
今回、「熊本臨床工学会に演題出してみてはどうか」とお話を頂いたのが昨年12月頃で、現在に至るまでの半年間は勤務終了後の空いた時間で実験を繰り返し、更に検証し追及しました。またスライドの作成や文献検索など情報収集を行っていました。
この間に辛くて泣いてしまうこともしばしばあり、周りの方にはご迷惑をおかけしてしまったと思います。他クリニックからも情報を提供して下さったことでとても助かりました。竹盛副部長をはじめ、先輩方のご指導とご協力の基ひとつのプレゼンを作成し、熊本県内の臨床工学技士の方々にも共有して頂けたことと思います。今回初めて演者として参加し緊張もありましたが、日々研究の成果を発揮できたと一安心しています。
先日5月20.21日に青森で開催された日本臨床工学会では内容を更新し、ポスター発表を行いました。学会では、全国の臨床工学技士の方々の取り組みも学ばせて頂き、良い経験となりました。この経験を糧として、今後も新たな取り組みを行っていきたいと思います。

仁誠会クリニック大津 技士部 富田  麻記子


 

 

 

 

 

 

 

資料請求・お問い合わせはこちら