仁誠会トップページ お知らせ

仁誠会からのお知らせ

赤とんぼ保育園での新しい取り組み『体育指導』

お知らせ 2017/10/27

現代では、外で遊ぶ環境が整っていないために、体を動かす機会が減っています。そのため、以前は自然に養われていた基礎的な体力を身に付けないまま、成長していく子ども達が増加していると感じています。

そんな子ども達に、少しでも体力づくりをする機会を提供したいと考え、赤とんぼ保育園では、「体力づくりを通して、健康な体・強い心を育てる」ことを保育目標のひとつとしています。

今回、運動遊びを提供してくださるQUILLさんと出会い、成長に必要な基礎的な力を養うことを目的に、園生活の中で少しでも健康な体づくりができればと願い、新しい活動として取り組みを始めました。今まで見ることができなかった子ども達の潜在的な力が、少しずつ現れてきています。今後の積み重ねにより、子ども達がどのように成長していくのかとても楽しみです。

q1.JPG q2.JPG q3.JPG

— 運動保育士:川野愛里・新野尾 彰 —
こどものころには身体を動かして遊びまわり、運動・感覚機能が養われ、さらに大勢の中で遊ぶことでコミュニケーション能力が発達し精神的にも成長していきます。幼児期からの運動を通して心も体も健康なこどもになってくれることを願って、赤とんぼ保育園でも積極的に運動を取り入れられています。

では、どんな運動でもいいのか?というと、そういうことではありません。
子供の成長に必要な基本的な力として、移動する力(脚力)・ぶら下がる力(懸垂力)、腕で身体を支える力(支持力)、跳び上がる力(跳躍力)を養う運動を、専門的な知識を学んでいる運動保育士が子供たちの自主性、主体性を重んじて自ら楽しく取り組める運動を提供しております。  

q4.JPG q5.JPG q7 (2).JPG
q10.JPG q8.JPG q9.JPG

 


赤とんぼ保育園 保育士:十時

 

 

資料請求・お問い合わせはこちら