仁誠会トップページ お知らせ

仁誠会からのお知らせ

1年の成長を語る ーたくさんの学びに感謝を込めてー(第4弾・介護福祉士)

採用情報 2018/01/18

toyoda_M2Y0344.jpg

ケアセンター赤とんぼ 入所科3階
豊田あづみ 介護福祉士

私は大学4年の夏に実習生として赤とんぼにお世話になり、就職をここへ希望し赤とんぼ職員となりました。
学校では介護における知識を勉強することが多く、実際に介護の現場でやっていけるのか非常に不安でした。

介護職はやりたかった仕事でしたが、最初は分からないことだらけで毎日失敗して上手くいかず、毎日毎日必死で仕事をしていたような記憶があります。
周りの先輩方は技術もあり要領も良いため、私は迷惑になるだけで本当にここで働いていていいのだろうか?と何度も思いました。一つ一つが私にとって高い壁であり、乗り越えるのに必死でした。
そんな状況でも私が仕事を続けられたのは、何度失敗しても指導し叱って下さった先輩がいたからだと思います。人を指導するのは力を使うことで、放っておこうと思えば放っておけるのに指導して下さるというのはありがたいです。

入職当時より確実にできることが増え、まだまだと思うところも多々ありますが、一歩一歩成長できていることを自分自身実感できています。私も教える立場になれば先輩方が指導して下さったように自分もしていきたいです。
そしてもう一つ私が介護の仕事を続けられている理由は、人が好きだからだと思います。笑いあうこと、ちょっとしたふれあいで人の心は和むのだと思っています。
忙しくてつい忘れそうになることがありますが、人の心を和ませる存在でありたいという気持ちは持ちつづけたいです。

 

e-1.png (先輩職員から一言) 入所科3階 主任 江口慎悟
入職してすぐ、熊本地震があり大変な状況な中での介護のスタートでしたね。何度も何度も壁にぶつかりながら、一歩一歩乗り越えてこえて、確実に成長している姿うれしく思っています。人が好きだからこその豊田さんの利用者さんの対応は、やさしく、利用者さんのペースを大切にされています。ある先輩職員が、豊田さんの対応は私も見習いたいとおっしゃっていました。自分の介護観を大切にしながら、これからも壁をひとつひとつ乗り越えていってくださいね。

資料請求・お問い合わせはこちら