仁誠会トップページ お知らせ

仁誠会からのお知らせ

教えることは学ぶこと シリーズ2

お知らせ 2018/08/22

「教学相通ず」〜教えることは学ぶこと〜

仁誠会では、4月入職の新人に対し、毎年1〜2週間の座学や実習を取り入れた新人研修を行っています。

新人研修の講師は、これまで主に人事・教育担当者や役職者が担っていましたが、今年度は、研修の理解度を高めるため、より新人に感覚の近い若い現場のスタッフに担当してもらうことになりました。そこで、講師は、スタッフの中でも講義内容の業務知識に精通し、また、日常業務においても、新人の模範となるメンバーが選ばれました。

とはいえ、現場のスタッフは、OJTで指導することはあっても、20名を超える研修生に講義を行うことは、あまり経験したことがありません。そんな、メンバーたちは、各自が「研修講師」をするために様々な工夫や準備を行い、多くの気づきがあったようで、新人研修が、新人のみならず研修講師を担当したメンバーの成長の場にもなりました。

そんなメンバーたちの感想のシリーズ2回目です。


 

新屋敷 村田.jpg研修テーマ「就業規則について」

仁誠会クリニック新屋敷 フロント
村田 紘子


4月2日に新入職者研修の講師を行いました。

講師は今までやったことがなく初めてだったので研修前は緊張したのと無事にやり遂げられるかと不安な気持ちでいっぱいでした。また、他の業務と併行して行うためスケジュールを何度も練り直したためめげそうになることもありました。

研修を行った中で一番苦労した点は、パワーポイントの作成です。限られた時間で作成しなければいけないのと、対象者が新入職なので分かりやすく正しい情報を伝えること。どこを重点的に教えていかなければいけないのかを考えないといけないので大変苦労しました。ですが、上司や周りのスタッフのサポートのおかげで無事に勉強会を終えることができました。

今回の研修では、改めて就業規則についてマニュアルを確認したので自分自身も勉強になったのと相手に伝えることの難しさを知ることができたので今後の業務を行う上で自信に繋がりました。

今後も自己成長に繋げていけるように日々業務を行っていきたいと思います。

4月2日に新入職者研修の講師を行いました。
講師は今までやったことがなく初めてだったので研修前は緊張したのと
無事にやり遂げられるかと不安な気持ちでいっぱいでした。
また、他の業務と併行して行うためスケジュールを何度も練り直したため
めげそうになることもありました。
研修を行った中で一番苦労した点は、パワーポイントの作成です。
限られた時間で作成しなければいけないのと、対象者が新入職なので分かりやすく
正しい情報を伝えること。どこを重点的に教えていかなければいけないのかを考えないと
いけないので大変苦労しました。ですが、上司や周りのスタッフのサポートのおかげで
無事に勉強会を終えることができました。
今回の研修では、改めて就業規則についてマニュアルを確認したので自分自身も
勉強になったのと相手に伝えることの難しさを知ることができたので
今後の業務を行う上で自信に繋がりました。
今後も自己成長に繋げていけるように日々業務を行っていきたいと思います。

 


 

研修テーマ 「品質マニュアル」本部 藤木.jpg

管理本部 総務係
藤木 利衣

今回、品質マニュアルの講義を新入職員向けに行いましたが、まず使用するスライド作りから苦労しました。準備期間も短かったのですが、どうしたら理解してもらえるか考えながら作成しました。

「品質マニュアルによってルールを決め、すべての患者さん・利用者さんに均一な質のサービスを提供する」・「品質マニュアルは患者さん・利用者さんのためにある」ということが伝わるよう講義しました。

新入職員の皆さんの研修報告書を見ましたが、記載してあることから概ね伝わっていたように思います。
あとは、新入職員のみなさんが現場でこの考えを活用してくれればと思います。

 


黒髪 荻久保.jpg研修テーマ 「組織概要」

仁誠会クリニック黒髪 フロント
荻久保綾菜

 

仁誠会グループの組織概要について研修を行いました。
自分が新人だった時、各所属長の名前や役職を覚える事にとても苦労をした経験があるので、今回の研修では、顔写真や書き込みができる資料を作成し、新入職員の方に仁誠会グループについて少しでも覚えていただけるように準備をしました。


配属後、フロントの新入職員の方が研修で使用した資料を持ち歩いておられ、これから電話対応をする時に活用しますと言っていただき、私自身とても嬉しく、また大きなやりがいを感じました。

今回講師をさせていただき、自分自身が成長できる機会を与えていただいたと感謝しています。

 


 

研修テーマ 「仁誠会の成り立ち」大津 伊藤.jpg

仁誠会クリニック大津 フロント
伊藤 千尋

研修に参加する前は、自分にできるのか不安で、少し荷が重いなと感じていました。テーマも難しかったので、新人さんにどういう内容を伝えたら有意義な研修になるのか考えるのが大変でした。

研修中はとても緊張しましたが、新入職員の方が熱心に聞いてくれて、質問した時もたくさん答えてくれたので嬉しかったです。

研修を終えて、準備から当日まで時間がなかったこともあり大変でしたが、達成感を感じました。

 

資料請求・お問い合わせはこちら