仁誠会トップページ 仁誠会クリニック光の森ブログ

仁誠会クリニック光の森

2019/02/13

『光の森CKD通信』第9号

立春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続いております。皆様、風邪など引かれていませんでしょうか。
光の森CKD通信第9号が完成しました。
今回は、尿検査についての内容となっておりますので、ぜひご自身の結果と見比べてみてはいかがでしょうか。

CKD通信9号_01.JPEGCKD通信9号_02.JPEG


仁誠会クリニック光の森 スタッフ一同

 

Produced by Clinic HIKARINOMORI | AM 10:56

2019/01/05

運動も歌もビンゴも楽しんだ『第1回☆なごも~会』

クリニック行事といえば職員が準備するものと思っていませんか?

仁誠会クリニック光の森では、アイデア豊かで人生を楽しんでいる患者さんが多くおられます。
今回は女性患者さんを中心に、みんなで楽しみたいと会の名前を考え、12月15日に第1回なごも~会を開催しました。
もともとクリスマス会として予定していたこの会は、企画・準備そして当日の司会進行まで患者さん主体で行いました。
企画会議は10月から土曜日の透析後に行い、色んな楽しいアイデアを出し、楽しみながら進めてきました。

準備会議1.JPG 準備会議2.JPG

内容.JPG当日の会場設営もみんなが輪になり楽しめるようにと椅子を並べてあり、皆さんの顔が見えるようにと気配りを感じました。お孫さんと一緒に参加され、楽しまれる患者さんもおられました。
司会はもちろん患者さん。馴染みの歌の場面では、参加された患者さんが前に出て音頭をとり進行しました。

運動の様子.JPG 歌1.JPG ビンゴゲーム.JPG

最後は、職員と一緒にいつものラジオ体操とは違う、筋力アップを目指したマッスルラジオ体操を、笑いを交え楽しみました。

マッスル体操.JPG 運動2.JPG

「とっても楽しかった~」「また来年もして下さい」と皆さんにとって、クリスマスプレゼントとなった企画でした。
来年もアイデア豊かな患者さんと一緒に、人生を楽しむ企画を考えたいと思います。

ダイバージョナルセラピーワーカー 赤澤千鶴

Produced by Clinic HIKARINOMORI | PM 01:00

2019/01/01

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
今年は天皇退位、新天皇即位、ラグビーワールドカップなど、例年になくイベントの多い1年になりそうです。当院も6月に開設10周年を迎えます。様々な方のご尽力のおかげで節目の年を迎えることができ、これまで以上に透析医療や慢性腎臓病への医療、地域医療等に貢献していこうと思います。

仁誠会クリニック光の森
院長 江田 幸政

門松.JPG写真は、毎年恒例の透析患者さんと職員で作った門松です。
クリニックの玄関に飾っています。

Produced by Clinic HIKARINOMORI | AM 09:00

2018/12/30

クリスマスメニューでハッピークリスマス!

仁誠会クリニック光の森では患者さん・スタッフが一緒にクリスマスを楽しみました。
先生はじめスタッフはサンタ帽をかぶって患者さんをお出迎えしました。スタッフのサンタ姿をみて患者さんからも笑みがこぼれていました。透析後は、患者さんもサンタ帽をかぶり記念写真を撮りました。「あんた、似合ってるよ」「よか記念になる」など患者さんの声が聞かれました。

食事はクリスマスメニューをご用意し、ランチタイムの会話もいつもより弾んでいました。

image2.jpeg IMG_2584.JPG

皆さんはどんなクリスマスを過ごされたでしょうか?
年末年始は寒波到来とのこと。インフルエンザや感染性胃腸炎など感染症には注意が必要です。基本的なことですが、手洗い・うがい、栄養と休養をとって、楽しいお正月を迎えたいですね。

管理栄養士 宮崎

Produced by Clinic HIKARINOMORI | PM 05:25

2018/12/15

防災訓練 ~火の用心!~

11月13日(火)に後期の防災訓練を実施しました。

そういえば、『地震・雷・火事・オヤジ』の『オヤジ』って、台風を意味する説があるのはご存知でしょうか?確かに言われてみれば親父も相当怖いと思いますが、流石に災害ではないですよね…。

豆知識はこれくらいで、防災訓練の様子です。
今回は、患者さんの治療中に出火したと想定し、スタッフ一丸となって訓練を行いました。

1、IMG_2210.JPG

若手を中心に迅速な消火活動!

2、IMG_2213.JPG 3、IMG_2214.JPG

 

科長たちも積極的に消火活動!

4、IMG_2217.JPG 5、IMG_2223.JPG

今回、初めて防火担当責任者として計画・実施を行わせて頂きました。
事前に防火管理責任者講習を受け、火災に関する知識を得る事が出来ましたが、当たり前の事がなかなか難しいです。
実際に火災に直面した時には、パニックになって訓練通りにはいかないと思います。大事なのは、まずは火災を予防する。出火しても被害を最小限に抑える。そのためにも、定期的な訓練はもちろんですが、常日頃の管理・意識が重要だと担当になって改めて実感しました。
備えあれば憂いなし。
あってはならない災害ですが、万が一に備えておく事はとても大切な事です。
安心・安全・安楽な透析を提供できるよう、これからもスタッフ一同が力を合わせて頑張っていきます!

仁誠会クリニック光の森 臨床工学技士  西久保慶

Produced by Clinic HIKARINOMORI | AM 09:00

資料請求・お問い合わせはこちら