仁誠会トップページ 内科・透析

仁誠会の透析医療

「元気で長生き」を目指して専門スタッフによる最強のチーム医療

ごあいさつ

医療統括本部 本部長 田尻 哲也

現在、仁誠会の各クリニックでは、腎疾患のトータルケアとして、一般内科および腎臓内科ならびに人工透析治療を行っております。

仁誠会の理念「心ひとつ」を合言葉に、医師、看護師をはじめ専門スタッフやフロントスタッフなど、クリニック全体で取り組む「チーム医療」体制で患者さんをサポートしております。
最良の透析医療を提供することは勿論のことですが、患者さんの楽しみや生きがいに着目した「透析生きがいプラン(透析看護プラン)」を活用して、患者さん一人ひとりの心と体の状態を的確に把握し、安心・安全で信頼性のある関係を構築しております。

患者さんとの十分なコミュニケーション確保を目的とした、独自開発の電子カルテをはじめ、透析集中監視装置、カルテと連動したレセプトコンピューターなど、IT化にも取り組んでおり、透析機器も最新の機器を順次採用し、患者さんの負担軽減や安全を徹底しております。

また、透析食には力を入れており、患者さんをはじめ多方面から高評価をいただいております。10名の管理栄養士を採用し、温かく美味しい食事を提供することは勿論、食事に関する不明点などの相談を迅速に対応できる体制も整え、患者さんの楽しい食生活をサポートしております。

最近では患者さんの高齢化に伴い、医療機関だけでは対応できない事例も多発しております。当法人では医療と介護福祉の融合を進めており、医療と介護福祉部が迅速に連携できるシステムを構築することによって、患者さんの将来への不安を払拭していきたいと考えております。

これらの取組みを通じて、すべての透析患者さんがご満足いただける様、日々精進して参ります。
今後とも仁誠会をよろしくお願いいたします。

仁誠会の透析医療の特徴

生きがいプラン(透析看護プラン)の作成

患者さんの生涯を通じて、安心・安全な透析治療と看護サービスを提供することを心がけ、「患者さんの元気で長生き」をサポートしています。当法人は、他職種も一緒に、患者さんの身体面だけでなく、“楽しみ、生きがい”に着目した「透析生きがいプラン」を作成し、日々のカンファレンスで検討・情報を共有しています。

バスキューラアクセス管理

最も多いバスキューラアクセストラブルである狭窄は、シャントの繋ぎ目(吻合部)によって静脈の弱い血管壁に強い圧力がかかることで、抵抗する力が生じ、静脈内膜が肥厚し狭窄しやすくなるトラブルです。また、穿刺などでの血管壁へのダメージや穿刺ミス時の出血で生じる血腫の圧迫もトラブルの要因の一つとなります。さらに、人工血管は吻合部での流入量が自己血管と比較し多く乱流や圧も強くなり、閉塞しやすい状況にあります。

エコー下ガイド穿刺の様子

平成26年4月より、穿刺ミス0を目指して、エコー下ガイド穿刺の導入を決定しました。エコー下ガイド穿刺は、「血管がエコー上で見えることにより、ミスが減少する」「トラブルの原因がその場でわかる」「スタッフに血管の情報を提供・共有化できる」などの大きなメリットがありますが、通常の穿刺より施術時間が長く、人手が必要(エコー施行者と補助者)になります。

すべての患者さんへの使用は難しいですが、穿刺に不安を持っている、穿刺のトラブルに悩まされている患者さんには、効果が期待できる施術です。

透析機器と医療安全

安全な透析治療を行っていく上で、当法人の臨床工学技士は、透析機器のみならず、全ての医療機器の管理、メンテナンス、修理を行っております。また、医療スタッフに安全に医療機器を使用してもらうため、正しい使用法を指導することも、臨床工学技士の仕事です。

近年、医療機器の高度化や医療技術の発展に伴い、医療機器の取り扱いミスや、医療スタッフの知識不足による大事故につながりかねないミスが多発してきました。当法人では、安心・安全な医療のご提供のため、教育訓練や、様々な検定を行い、医療の安全を徹底しております。また、安心して透析治療を受けていただくため、様々な資格の取得やスキルアップに力を入れています。

透析クリニックのご案内

介護施設のご案内

資料請求・お問い合わせはこちら