仁誠会トップページ 仁誠会クリニックながみねブログ

仁誠会クリニックながみね

2019/02/01

骨粗鬆症についての勉強会を開催しました

1月23・24日に骨粗鬆症についての患者勉強会を開催しました。患者さん20名、患者さんのご家族2名と大勢の方々が参加されました。
骨粗鬆症の患者数は高齢社会とともに増加しています。骨粗鬆症の骨がスカスカな状態をイメージして頂く為、白いスポンジをお渡しすると、「こんな風になっているのかと思うと恐ろしい、骨を強くするためにしっかり運動します!」と力強いお言葉を頂けました。
P1130726.JPG

骨粗鬆症は骨折しやすくなってしまう病気です。歩行に大きな影響を与える太もも付近の骨折はちょっとした転倒がきっかけになることが多いです。
そしてなんと転倒の発生場所の約6割は家の中で起こっています。じゅうたんやマットのへり、こたつの電気コードなど居住スペースには多くのつまずきやすい危険スポットが隠れているので注意が必要です。
勉強会の最後には座ってできる運動を皆で行いました。雨の日に外でウォーキングができない時に気軽に行えるととても好評でした。
IMG_0365.JPG

仁誠会クリニックながみねでは骨粗鬆症の診断に用いられる「骨密度計」が設置してあります。
今後も骨粗鬆症について身近に感じて興味を持って転倒しない体づくりをしていただけるようお手伝いしていきたいと思います。


看護師 小室、粟戸

 

Produced by Clinic NAGAMINE | PM 06:31

資料請求・お問い合わせはこちら