仁誠会トップページ 仁誠会クリニック新屋敷ブログ

仁誠会クリニック新屋敷

2018/12/22

五感を刺激!『新屋敷クリスマス』はワクワク!ニコニコ!笑顔満載

x1.jpg仁誠会クリニック新屋敷では、クリスマスDT企画第一弾としてパン教室を、第二弾としてクリスマスコンサートを開催し、患者さんに笑顔と楽しみをお届けしました。
12月14日(金)は、南阿蘇のパン屋さん『パンダイゴ』のシェフをお呼びして、天然酵母のパン3種類を作りました。

x2.jpg参加される前から、さまざまな声が聞かれます。「どんなパンを作るのかしら?とにかく楽しみ」「上手に作れるでしょうか?」など期待と不安の声が入り混じりました。
パン教室が始まり、最初にパン生地を触ってみました。「ふわふわしている」「やわらかくて気持いい」などの声が聞かれました。
x3.jpgベーグルは生地を成形した後、一度茹でて焼きました。鍋の中を覗き込み興味深々の参加者たち。
2つ目はツリーパン。丸めてくっつけて発酵後オーブンへ。焼き上がりに木の実をトッピングし、白い粉糖をかけて雪をまとったツリーパンが出来上がりました。
x6.jpg3種目は、もちもち生地のクリスマスパン。トマトソースの赤とホワイトソースの白、バジルソースの緑のクリスマスカラーが映えました。
焼き上がりのパンの匂いで参加者みんなが幸せな気分に。「いい匂い。いい焼き上がりね。」クリスマス用のピックやクリスマスカードをチョイスして、世界に二つとないオリジナルのパンが3種類出来上がりました。パン教室の間は、皆さん真剣そのもの。力が入りやすいようにと立ち上がってパン捏ね作業に必死でした。
x9.jpgダイゴさんの軽快なトークで笑い声と笑顔に包まれたあたたかいパン教室となりました。
参加された方々からは「本当に楽しかった!!」「素敵なパンが出来上がりました」「また開催してほしい」「クリスマスにいい思い出ができました」「もちもちしていてとても美味しかった」など好評でした。
大切な方にメッセージカードを添えて作ったパンを渡される方も多く、あるカードには「いつもありがとう。メリークリスマス!」と感謝の言葉がしたためられていました。
今回作ったパンは、クルミと生姜のベーグル、クリスマスツリーパン、トマトとバジルのもちもちパンの3種類でした。

x10.jpg

第二弾のクリスマスコンサートは12月18日(火)に開催しました。
ボランティアのぷちぷち志水バンドさんをお呼びして、ジングルベル他7曲を演奏してもらいました。普段音楽に疎遠な方も、軽快なリズムにノリノリです。
入院中の方も、クリスマス気分を味わって満足そうな顔をされていました。

x11.jpg x12.JPG

今後も新屋敷スタッフ全員で、医療技術の質の向上はもちろん、患者さんの笑顔を引き出すお手伝いをしていきたいと思います。


仁誠会クリニック新屋敷 スタッフ一同

 

Produced by Clinic SHINYASHIKI |AM 11:05

資料請求・お問い合わせはこちら