チームで支えるスペシャリスト ~ やさしく、やわらかく、あたたかく ~

採用に関するおしらせ採用お知らせ一覧

現在の募集職種はこちら

なりたい自分をプロデュースする ~ラダー制度と研修制度~ なりたい自分をプロデュースする ~ラダー制度と研修制度~

研修制度

医療機関、西日本初の全職種を対象とする「ラダー制度」

仁誠会ではラダー制度を取り入れています。ラダー制度とは、専門職として、新人から熟練者・管理職まで、それぞれのステージにおける習熟段階を明記し、職員一人ひとりが自分のなりたい時期になりたいステージを目指して、階段を上るように段階を踏んで実務能力を育成する制度です。仁誠会のラダー制度は、看護職にとどまらず、法人の全職種を対象としています。このように、全職種を対象としたラダー制度を取り入れていた医療機関は、仁誠会が西日本初といわれています。

  • 人間力研修
  • フォローアップ研修
  • コミュニケーション研修
  • コーチング研修
  • 院内研修
  • 主任研修

積極的に行う院内、院外研修制度

デンマーク研修の様子

ラダーのステージを上るための研修制度も充実し、無理なく上を目指すことのできるよう、研修が準備されています。もちろん、新人職員の教育制度にもこのラダー制度に則って実施されており、入職時の全体研修を始め、看護師、臨床工学技士、介護士、フロントなどさまざまな職種に合わせた研修を実施しています。研修には、それぞれの職種の専門技術の向上を目的としたものや、コミュニケーション能力やリーダーシップ力等の、職業人として必要なスキルアップを目的としたものまで、様々な分野の研修が準備されています。さらに、毎年11月には、当法人内で、学会形式の研究発表会が実施され、優秀な発表については、全国学会発表を行うなど、学術研究・発表にも力を入れています。

オーストラリア研修の様子

他に、福祉を学ぶデンマーク研修や、当法人が取り組んでいるダイバージョナルセラピー(「老いることを楽しむこと」という高齢者ケアの理念とその実践)を本場で学ぶオーストラリア研修も、毎年職員が参加しています。「勉強好き」が光る職場です

福利厚生

仁誠会では、職員全員が笑顔で働けるような環境をつくること、仲間と助け合うことを大切にしています。
そのために、各種社会保険制度の完備はもちろん、ワーク・ライフバランスの推進に積極的に取り組んでいます。

社会保険制度・他 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・財形貯蓄制度・退職金制度・団体保険加入(団体割引あり)
ふれあう共済加入 熊本市中小企業勤労者福祉サービスセンターに加入しています。結婚など慶弔時・病気見舞い金など給付金支給や、宿泊施設・各種レジャー施設利用補助などがあります。
クラブ活動支援制度
社内コミュニケーション促進施策として、部活動における費用支援などを受ける事ができます。自ら部を起こす、既存の部に入るなど、誰でも参加する事ができます。
インフルエンザ予防接種 年に1回インフルエンザ予防接種を全額仁誠会負担で受けることができます。
忘年会・歓送迎会支援制度
年1回忘年会をホテルにて実施。
また年2回施設毎に歓送迎会を実施。費用は全額仁誠会が負担します。
職員給食 全施設で職員給食の対応があります。(助成あり)

ワークライフバランスの推進~働きやすい環境への取り組み~

くるみんマーク

医療法人社団仁誠会では、平成20年度から次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定し、仕事と家庭・子育ての両立を実現できるよう職場環境の整備に取組んでいます。例えば、早出や夜勤ができなくても、所定の勤務時間より短くても、正社員として働ける短時間正職員制度を導入しました。また個々人が医療・福祉分野でのキャリアアップができるよう、勤務しながらの進学を支援する奨学金制度や、特定の資格に対する資格手当支給制度を導入しました。これらの取り組みから「子育てサポート企業」として、熊本労働局長から平成23年度に認定(愛称:くるみん認定)を頂きました。さらにH27年8月には、より水準の高い取組を行った企業を対象とした特例認定(愛称:プラチナくるみん認定)を頂きました。今後も男女問わず仕事と家庭を両立できる職場環境をめざし、新たに策定した「第3期行動計画」を推進していく予定です。

資格取得支援

仁誠会では働きながら、准看護師の専門学校に無理なく通えるよう、勤務時間を考慮するなど、全面的に支援を行っています。また、貸付制度もあり、入学金や授業料の支払いに充てることが出来ます。支援制度について詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

ダブル免許制度

仁誠会では、本来必要な専門資格のほかに、仁誠会が認定している他の資格を取得した場合は資格手当を給付しています。本来の専門職に加え、新たな資格を持つことは、新たに技術と視点が加わり、利用者さんや患者さんをより包括的にケアしていくことができるからです。ダブル免許を持つことで、仁誠会の目指す「楽しく生きる」を実感できる医療・介護を推進していきます。