赤とんぼの食事Meals provided

栄養科の特徴

人が生きていくために「食べること」は重要な要素のひとつです。赤とんぼの食事は、健康的な生活を送るための体に必要な栄養補給はもちろんですが、美味しく食べることで心の豊かさや満足感をもたらす、楽しみとしての役割を大切にしています。

  • 五感への刺激

    旬の食材や行事食など、目で見て味わって季節の移り変わりを感じてもらえるように、調理スタッフと一緒に献立を考えています。
    時には利用者さんの目の前で調理や盛り付けを行うなど、音や香りからも食事を楽しんでもらいます。
    レストランの雰囲気を味わって頂くために洋風料理の時にはコック帽をかぶり、BGMもクラシックを使用し、料理を味わって頂きました。
    ある利用者さんからは「レストランに出かけた気分です」と喜びの声を頂き嬉しく思いました。

  • 選ぶ楽しみ

    時には好きなものを選んで食べる喜びも味わって頂くために おやつセレクトを実施しています。
    利用者さんにその時の気分で選んでもらい、わくわくした時間を過ごしてもらいます。
    この時のメニューは、嚥下困難な方でも同じメニューで楽しんで頂くように調理スタッフと考えました。
    利用者さんからは「私達のためにこのようなことを用意してもらい、ありがとうございます」等感謝のお言葉を頂く時にはとてもうれしく思い、私達栄養科スタッフもとても励みになります。

  • 食べる力に合わせた食事の提供

    噛む力が弱い方や飲み込む事が困難な方、認知症により食べ物を拒否される方等、様々な問題に直面するのですが、他職種やご家族と相談しながら施設での食事内容を検討し、一人ひとりに合った食事が提供できるように心がけています。
    食べやすくする工夫として肉や魚等は調理液に漬けこむあんかけや揚げ煮にする等、のどの通りをよくするように考えています。
    ごぼうやれんこん等の硬いものは薄く切ったり、圧力鍋で軟らかくしています。
    嚥下食ではミキサーにかけてとろみ剤で調整し食材ごとに盛り付けて、見た目もおいしく食べて頂く工夫をしています。

管理栄養士 髙橋 広美
食事のときには利用者さんのもとへ見に行きます。利用者さんには私達の考えたメニューに満足して頂けたか、食べやすさはどうか、直接お話を聞いたり、表情や、嚥下の状態、姿勢、食事にかかる時間などを意識してみています。
食事が入らない方には食事形態を変えたり、栄養補助食品をつける、家族と協力して本人の好きな物を食べて頂くなど、少しでも食事が入るよう工夫しています。
その中で食事が入るようになり、元気になられる姿を見る時はとてもうれしく思います。
これからも利用者さんの元気につながる食事を提供できるように努めていきます。